お金 借りる 主婦

優遇金利とは

優遇金利とは

優遇金利とは

 

優遇金利とは、金融機関が定める一定の条件を満たす場合、一定期間もしくは決められた期間について、店頭金利で適用される金利から一定割合を引き下げた金利を指します。よくあるのが、うちの銀行で住宅ローンを借りてくれたら、店頭金利からいくら引きますよというもので、優遇金利というのは、融資顧客獲得のための手法の1つです。店頭金利からどれだけ安くなるかというのを数字で表したもので、借りる側としては少しでも安い金利で借りるほうが得です。優遇幅を最大限に生かしているのが優遇金利で、多くの人が注目しています。各銀行のHPには、優遇金利のセールスが激化しています。固定金利プランを選択した場合、最大いくらまで優遇するとか、当初3年間は優遇するとか、残りの期間を優遇するなど、様々な戦略を打ち立てています。消費者側は色々な金融商品の選択幅ができた分、迷うことになりますが、優遇金利で言えるのは、とにかく大きいほうが良いということです。ただ、優遇期間が何年間なのかは必ず確認する必要があります。また、期間限定の優遇金利の場合、残存期間の優遇幅は何%なのかをしっかり確認しておかなければなりません。