母子家庭 児童扶養手当

母子家庭と児童扶養手当

母子家庭と児童扶養手当

現在シングルの家庭で子供を育てているという人は多いと思います。離婚率は年々上昇していますし、今では未婚の母というものも多いものです。父親または母親のどちらかに引き取られた場合、何不自由なく子供を育てていくのはとても難しいことと言えるでしょう。

お金借りる すぐ

一番の問題はやはりお金に関することです。子供が大きくなればなるほどお金がかかりますので、小さい頃は大丈夫でも大きくなっていくにつれて生活が苦しくなることも。
しかし父親または母親の一人親家庭のための手当があることをご存知ですか?父子家庭または母子家庭である場合は児童扶養手当が受け取れます。これは地方自治体が支給しているもので、支給額は所得に応じて変わってきます。まず基本は月額4万1720円です。これは児童一人に対するお金です。では二人いるとその倍もらえるのかというと、そうではありません。二人の場合は月額4万6720円となります。

 

三人であれば4万9720円です。これ以上の人数の子育てをしている人は少ないと思いますが、四人以上の子供を抱えている人は地方自治体に確認してみましょう。またシングル家庭の場合は親が働いているケースがほとんどです。そのため毎月収入があると思いますが、この収入によってはこの手当を受け取れなくなることもあります。所得の制限についても地方自治体に問い合わせておきましょう。

 

 

>お金借りる主婦のトップページに戻る